06超音波音響デバイス

神の声?

「オーディオスポットライト」や「HSS」といった検索フレーズで拙ブログを訪問される方々がかなりいらっしゃる。

某大学やメーカ、地方自治体のサーバからのアクセスもちらほらある。

ニューヨークの思い出」で書いたが私もそこで音声送信を経験した。叔母から事前に教えてもらっていなければ、自分がおかしくなったか特殊な能力が備わったと思い込んでいただろう。

現在、これらが音声を聞かされる被害者にとってはメインの技術ではないかもしれないが、カルト信者の洗脳デバイスとしてはものすごく有効だと思う。

こういった技術に被害者ではない方が関心を寄せて戴けるのは有り難いことだ。

少し前にある被害者からの依頼で「HSS™ Technology Introduction」を和訳したものがあるので参考にしてもらえたら嬉しい。素人訳なのであまり当てにはならないが。


HSS™ Technology Introduction

■■■ 1P ■■■

INFORMATION
資 料

TECHNOLOGY INTRODUCTION
テクノロジー序論

How HSS can shape the future of sound
HSSがサウンドの将来像をいかに方向付けるか

■■■ 2P ■■■

Table of Contents
目 次

Introduction...3
はじめに

Potential Application Types...6
ご利用が見込める使用形態

Potential Applications and Markets...9
ご利用が見込める用途および業種

Proprietary PVDF Film Emitter...10
特許申請済みポリフッ化ビニリデンフイルム放射器

Basic Technology Overview...11
基礎技術概説

HSS Technology Benefits...15
HSSテクノロジーのメリット

Available from ATC™...back cover
ATC社よりご利用可能な資料...背表紙

■■■ 3P ■■■

HyperSonic™ Sound is a completely new technology that creates sound “in air.”
ハイパーソニックサウンドは【空中】に音を発生させる、全く新しいテクノロジーです。

It is a new paradigm in sound production based on solid, well-known principles of physics.
そのテクノロジーは物理学の有名原理に裏付けられた、音響発生における新しいパラダイムです。

There are no enclosures, crossovers,woofers, midrange or tweeter elements. The sound is generated in the air itself, indirectly, as a conversion by-product of the interaction of ultrasonic waves.

エンクロージャーと呼ばれるスピーカーの外箱、クロスオーバーフィルタ回路そしてウーファー、ミッドレンジ(スコーカー)、ツィーターといったそれぞれ低中高域を受け持つスピーカーを含むエレメントがありません。超音波の相互作用から生じる二次発生的な空気の状態が変化することによって、音は間接的に空間そのものの中から発生するのです。

■■■ 4P ■■■

HyperSonic™ Sound is NOT a new upgraded surround-sound system using old technology.
ハイパーソニックサウンドは過去のテクノロジーを使ってサラウンドサウンドシステムを新しくグレードアップしたものではありません。

Nor is it a mixing or amplification system designed to trick the listener’s ear. It is not a new driver for polyfoam or styrofoam diaphragms, a new speaker enclosure or some sort of digital speaker system (which still drives diaphragms mechanically).

聞く人の耳を錯覚させるように設計された、音響信号をミキシングしたり増幅したりするシステムではありません。ポリフォームや発泡スチロール製の振動板を駆動する新しいドライバ、新しいスピーカーエンクロージャーや何らかのデジタルスピーカーシステム(未だメカニカルに振動板を駆動する)でもありません。

■■■ 5P ■■■

These days it is highly unusual to find something that is truly original. The terms “quantum leap” and “paradigm shift” are so overused that, when one runs across a technology that is truly worthy of such a description, few believe it.

今日、本当にオリジナルなものを見出すことは極めてまれです。【飛躍的進歩】や【パラダイムシフト】という言葉はあまりに使い古されていて、そのような表現に本当に値するテクノロジーに出くわしてもその言葉を真に受ける人はまずいないでしょう。

Fortunately, like all extraordinary developments,HyperSonic Sound can be described with an economy of words:
有り難いことにあらゆる非凡な技術開発同様、ハイパーソニックサウンドはそれを説明するのに多言は要りません。

About a half-dozen commonly used speaker types are in general use today. Whether they be dynamic, electrostatic, ribbon, or some other transducer-based design, all loudspeakers today have one thing in common: they are direct radiating—they are fundamentally a piston-like device designed to directly pump air molecules into motion to create the audible sound waves we hear. HSS technology produces sound in the air indirectly as a by-product of another process.

6種類ほどのおなじみのタイプのスピーカーが現在も普通に使われています。ダイナミック型や静電型やリボン型あるいは他の振動子による設計型の如何を問わずすべてのスピーカーにはある共通の構造があります。それは直接発散方式—基本的には、空気の分子を直接押して私たちの耳に聞こえる音波となる振動を起こすように設計されたピストン状の装置がそれです—だということです。HSSテクノロジーは別のプロセスの二次発生的現象によって間接的に空中に音を発生させます。

HyperSonic Sound Technology projects a beam of silent ultrasound energy into the air. The air itself creates audible sound within the column of ultrasonic energy. The sound is actually created in mid-air. This is not an illusion. The acoustical sound wave is created directly in the air molecules by down-converting the ultrasonic energy to the frequency spectrum we can hear. An important by-product of HSS is that sound may be directed to just about any desired point in the listening environment. This provides outstanding flexibility, while allowing an unprecedented manipulation of the sound’s source point.

ハイパーソニックサウンドテクノロジーは人の耳に聴こえない超音波ビームを空中に放出し、そのビームの柱状領域のなかで超音波のエネルギーによって空気自体が可聴音を生成するのです。音は本当に空中で発生し、これは錯聴ではありません。その超音波の振動が私たちに聴こえる周波数帯域に変換することによって空気の分子からダイレクトに可聴音が生成されます。HSSの二次的音声発生現象の重要な点は、リスニング環境において発生させたいと思うほぼあらゆるポイントに向けて音を発生できるということです。このシステムは音源における卓越した柔軟性をもちながらも類を見ない操作性を提供してくれます。

See page 11 for a more detailed description.
更に詳しい説明は11ページをご覧になって下さい。

■■■ 6P ■■■

Potential HyperSonic Sound Applications
ご利用が見込めるハイパーソニックサウンドの活用例

HSS™ puts sound only where it is needed.
HSS™は必要な場所だけにサウンドを発生させます。

Do you need to communicate clearly and efficiently over long distances to a single group of people? HSS lets you “beam” sound to a single point hundreds of feet away.

遠くにいる群衆と明瞭かつ効率的にコミュニケーションをとる必要はありませんか?HSSは数百フィート(100m前後)離れた一点にサウンドを【送信】させてくれます。

Focus drive-thru restaurant ordering station sound directly into the car window, eliminating “noise pollution” of the surrounding environment.
ドライブスルーレストランの注文ブースの声を、周囲の【雑音】に影響されずにカーウインドウへ直接送信します。

■■■ 7P ■■■

In a grocery store aisle, advertise a special sale price or promotion directly in front of the product… without disturbing other customers.
スーパーマーケットの売り場で、特売品や販促品の宣伝をその商品の前で直接することができます。他のお客様をわずらわすことはありません。

HyperSonic Sound can “focus” audio at your tradeshow exhibit. It lets you communicate directly with your target customer at a demonstration kiosk without bothering anyone else around the exhibit.

ハイパーソニックサウンドは見本市の展示品に音声を【フォーカス】することが可能です。また実演販売店では、周りにいる人を誰一人わずらわすことなく、対象となるお客様にアピールさせてくれます。

■■■ 8P ■■■

As you move from display to display in a museum, Hyper Sonic Sound can present the “audio story” for each individual display.
ハイパーソニックサウンドは、博物館で展示から展示へと動くのに合わせて個々のディスプレイそれぞれで【音声解説】を聞かせることが可能です。

Bottom line: HyperSonic Sound is the first audio technology that allows individual communication in public spaces.
重要なポイント:ハイパーソニックサウンドは公共の場で特定の人とのコミュニケーションを可能にした初のオーディオテクノロジーなのです。

■■■ 9P ■■■

Potential applications & markets include…
ご利用が見込める用途および業種を以下にあげます

Paging Systems 呼出システム
Communications 情報伝達
Toys / Novelties おもちゃ/ノベルティグッズ
Cinema / Theater 映画館/劇場
Sound Reinforcement 拡声装置
Museums 博物館
Retail Stores 小売店
Amusements アミューズメント施設
Theme Parks テーマパーク
Kiosk Displays  売店ディスプレイ
Trade Shows / Events 見本市/イベント
Audio Conferencing 音声会議
Noise Cancellation ノイズキャンセル
Military Communications 軍事通信
Aircraft Communications 航空機通信
Automobiles 自動車

Just think of the THOUSANDS of possibilities for specific products which might fall into one of the market categories listed at left. Given the unique properties of HyperSonic Sound, we have the potential for many new products that haven’t even been thought of yet!

左にリストアップされた業種のひとつに該当する特定製品には数千もの応用可能性があることを考えてみて下さい。ハイパーソニックサウンドがユニークな特性を有することから、思いもよらないたくさんの新製品には潜在的な可能性が秘められているのです。

■■■ 10P ■■■

Proprietary PVDF Film Emitter
特許申請済みポリフッ化ビニリデンフイルム放射器

As you can see, the first proprietary HSS™ ultrasonic emitter device is flat, thin and easy to mount.
新規特許申請されたHSS™超音波放射装置は、ご覧のようにフラットで薄く据え付けは簡単です。

■■■ 11P ■■■

Basic HSS™ Technology Overview
基礎HSS™ 技術概説

A Non-Linear Medium
非線形媒体

It is understood from the world of electronics, that sending two frequencies (represented here by f1 andf2), into a Non Linear device (such as a mixer or heterodyne circuit) produces an output which contains both of the original signals F1 and F2, plus the sum of the two, the difference of the two, and a set of harmonics. For HSS, we are most interested in the difference frequency, f1 minus f2.

非線形デバイス(ミキサーやヘテロダイン回路といった)に二種類の周波数信号(ここではf1、f2と表わす)を入力すると、二つのオリジナル信号f1、f2に加えてその和分周波数、差分周波数および高調波を含む周波数信号が出力されることは電子工学界で認識されている。HSSについて言えば、私たちは差分周波数f1-f2にいちばん関心を寄せている。

●図中の英単語・英文●
・frequency 周波数
・Non Linear Medium 非線形媒体
・Sum (Frequency) 和分周波数
・Difference Frequency 差分周波数
・Harmonics 高調波

NOTE: For a detailed scientific study of HSS™ covering all aspects of the mathematical and physics aspects of HSS™, please refer to the ATC white paper titled “Theory, History, and the Advancement of Parametric Loundspeakers - A Technology Overview”

注: HSS™の数学的、物理的解析を含むすべての挙動を網羅した詳細な科学研究による。【 パラメトリックスピーカーの理論、歴史および進歩―技術概説】と題したATC社の報告書を参照されたい。

Air is a Non-Linear Medium
空気は非線形媒体

Approximately 150 years ago, a German Physicist named Hermann von Helmholtz discovered that air is non-linear. He played  two organ notes very loudly on his pipe organ and was able to hear what he thought to be a higher frequency and a lower frequency. Through careful measurement, he proved that these new frequencies did exist as new tones and were measured to be the sum and the difference of the original notes.

約150年前、ドイツの物理学者ヘルマン・フォン・ヘルムホルツは空気が非線形媒体であることを発見した。彼は自分の二台のパイプオルガンをそれぞれ異なった音程で同時に大音量で弾いてみた。すると予想していたようにそれらの音程よりも高い周波数と低い周波数の音を聞き取れたのだ。細心の計測によって、これらの新たに見つかった周波数は正に本来の音程とは別に存在しており、オリジナルな音程の加音、差音成分として計測されることを彼は証明した。

●図中の英単語・英文●
・Human Hearing Range 可聴域
・SPL(Sound Pressure Level) 音圧レベル

The Helmholtz experiments were further explained 150 years later by Westervelt (Brown University) and Blackstock (University of Texas at Austin). They proved that the new tones were the result of propagation distortion caused by the air itself.

ヘルムホルツの実験がウエスターベルト(ブラウン大学)とブラックストック(テキサス大学オースティン校)によって解明されるのはさらにその150年後であった。彼らはその新たな音程が空気自体の性質に起因する伝播の歪の結果であることを証明した。

■■■ 12P ■■■

Moving Fundamental Tones Beyond Range of Hearing
ベースとなる音程周波数を可聴域を超える領域に移動させる

“What if we move the two fundamental tones beyond the range of hearing?” If, for example, we could project 40 kHz and 41 kHz tones into the air, the physics tell us that we would produce a “sum tone” of 81 kHz, (well beyond the  range of hearing) and a “difference tone” of 1 kHz which we can hear. Since we do not often listen to sine waves, ATC decided to find a method to produce complex wave sounds in the air such as voice or music.

【二つのベーストーンを可聴域を超える領域に移動させたらどうなるだろうか?】 もしたとえば40 kHzと41 kHzのトーンを空中に放出できるとすれば、物理学によると81 kHzの【和分周波数】(可聴域をはるかに超える)と可聴域の1 kHzの【差分周波数】が発生することになる。正弦波が聴こえない人はほとんどいないので、ATC社は音声や音楽のような複合波サウンドを生成する方法を探ることにしたのである。

●図中の英単語・英文●
・Human Hearing Range 可聴域

One Type of Earlier Approach
初期アプローチのひとつのタイプ

Previous to ATC, work was done by others using two ultrasonic emitter devices. One emitter produced 40 kHz and the second emitter produced 41 kHz. A 1 kHz tone was produced in the area where the two ultrasonic wavefronts cross. However, the small area of interaction and the phase misalignment of the wavefronts caused very little sound to be produced. This effect was measurable, but very inefficient and not practical as a commercial device. ATC, however, was able to improve on this method. We developed a set of electronics which could produce a complex waveform containing all the required components to make difference tones in the air, and then projected that waveform from a single, ultrasonic emitter!

ATC社に先んじて、他団体による二つの超音波放射装置を使った研究がなされた。一つの放射器は40 kHz、二つ目は41 kHzを生成した。二つの超音波の波面が交差するエリアで1 kHz のトーンが生成された。しかしながら相互作用が起こる領域の狭さと波面の位相のずれからほんのかすかな音しか生成できなかった。結果は測定できはしたが市販デバイスとしてはあまりに非効率で実用的ではなかった。その一方でATC社はこの手法を改良することができた。当社は差分周波数トーンを生成するのに必要なすべての成分を含む複合波形を発生できる電子機器セットを開発し、結果、一個の放射器からその複合波形信号を放出することに成功したのだ。

●図中の英単語・英文●
・Small Area of Interaction 相互作用の生じる狭い領域
・Misalignment of Wavefronts 波面の位相のずれ
・1 kHz Differerce Frequency Occurs Where Wave Intersect 超音波が交差するところで1 kHzの差分周波数波が発生する

■■■ 13P ■■■

Basic HSS Block Diagram
HSSの基本ブロックダイアグラム

And that is the basis of HyperSonic Sound technology. Audio is sent to a proprietary* electronic preprocessor circuit, distortion control circuit, and then through a multiplier circuit where a composite ultrasonic waveform is produced. This ultrasonic signal is then amplified and sent directly to a proprietary emitter device. A column of ultrasonic energy is produced in front of the emitter which contains all required properties for the air to produce audio frequencies or sound that we can hear. Audible sound is demodulated all along this column of ultrasonic energy.

これはハイパーソニックサウンドテクノロジーの基盤となる。音響信号は特許申請済みの電子プリプロセッサ回路、歪制御回路、乗算回路へと順次送られ、終段の乗算回路で超音波の合成波形が生成される。この超音波信号はそれから増幅されて特許申請済みの放射装置に直接送られ、超音波振動エネルギーの柱状領域が放射器の前面に形成される。その放射器は、空気が可聴域の音響周波数波やサウンドを発生するのに必要なすべての特性を備えている。可聴音サウンドはこの超音波振動エネルギーの柱状領域にそって完全に復調される。

●図中の英単語・英文●
・HSS™ Processing Circuitry HSS™処理回路
・Signal Pre-Processing 信号前処理
・Distortion Control 歪制御
・Multiplier Circuit 乗算回路
・Audio In 音響信号入力
・Carrier Generator 搬送波発振器
・Complex Ultrasonic Waveform 超音波複合波形
・Ultrasonic Power AMP 超音波パワーアンプ
・Single Ultrasonic Emitter シングル超音波放射器
・Audible Sound is Demodulated by the Air Along the Ultrasonic Column 可聴音は超音波柱状領域にそった空気によって復調される

Ultrasonics & Audio
超音波学と音響

As the ultrasonic sound wave dissipates, the sound pressure level of this wave will fall below the air’s threshold of non-linearity and will no longer produce difference tones (audible sound). Audible sound is demodulated by the air all along the column of ultrasonic energy and continues to propagate far beyond the region of the ultrasonic energy. The length of this useful ultrasonic column can be referred to as the “Effective Beam Length”and can be controlled by adjusting the carrier frequency and array configuration. A longer effective beam length will provide greater directionality. This brings us to the first major benefit of HyperSonic Sound™ - controlled directionality. The audio is highly directional because it is created in a virtual end-fired array (the ultrasonic energy column). This end-fired array is relatively long because the ultrasound is highly directional.

超音波音響波は減衰するにつれて、その音圧レベルが空気の非線形性を保つ閾値を下回るレベルまで低下し、やがて差分周波数トーン(可聴音)を生成できないまでになってしまう。可聴音は超音波振動エネルギーの柱状領域全域にわたる空気によって復調され、その超音波振動エネルギー領域をはるかに超えて伝播し続ける。この有用な超音波振動エネルギーの柱状領域の長さは【有効ビーム長】とも呼べて、搬送波周波数と配置設定を調節することによって制御可能である。有効ビーム長を長くすると指向性は鋭くなる。このことは指向性を制御されたHyperSonic Sound™のいちばん大きなメリットをもたらしてくれる。その音響は鋭い指向性をもつ。というのは仮想終端放射配置(超音波振動エネルギー柱状領域)の中でそれが生成されるからである。超音波には鋭い指向性があるので、この終端放射配置は相対的に長くなるのである。

●図中の英単語・英文●
・Emitter
放射器

・Ultrasonic Energy Column is Highly Directional
超音波振動エネルギー柱状領域は鋭い指向性をもつ

・The Length of the Ultrasonic Column Determines the Directionality at Audio Frequencies
超音波柱状領域の長さが可聴域周波数における指向性を決定する

・Audible Sound is Highly Directional Over Long Distances
可聴音は遠方まで鋭い指向性を示す

■■■ 14P ■■■

Conventional Loudspeakers
従来型のスピーカー

Think of a conventional loudspeaker for a moment. It basically radiates sound in all directions. It does not matter where the listener is positioned, he will always hear the sound from the loudspeaker. You can point directly at the loudspeaker from anywhere in a room and say “that is where the sound is coming from.” We might think of the loudspeaker as a light bulb. A light bulb spreads light in all directions, just as a loudspeaker spreads sound in all directions.

従来型のスピーカーのことをちょっと考えてみて欲しい。それは基本的に全方向にサウンドを放射する。リスナーはどこにいようが関係なく、スピーカーからのサウンドを常に聞くことができる。そしてあなたは部屋のどの位置からでもそのスピーカーをまっすぐに指差し、【あそこから音がしてきている】と言うことができる。電球をスピーカーとみなすことができるが、その電球の光はスピーカーから音が全方向に広がるのと同じように放散する。

Direct Sound versus Virtual Source Sound
直接音vs仮想音源音

HSS™, however, is more similar to a flashlight. If you project the HSS emitter device directly towards a listener, he would hear the sound formed in the column of ultrasonic energy just like he would see the light from a flashlight, if it was aimed directly at him. However, If a listener stands to the side of an HSS emitter, he only hears the sound that is reflected from a boundary surface, just like he would see the light of a flashlight only when it is reflected off the wall. Since the listener does not hear any sound from the emitter itself, he hears only the sound that is reflected from the wall. Never, in the history of loudspeakers have we been able to apply this degree of controlled directionality to audible sound.

HSS™ はしかし、懐中電灯のほうに似ている。もしあなたがHSS放射装置をまっすぐにリスナーのほうに向けて音を出せば、まるでリスナーは自分に向けられた懐中電灯からの光を見るように、超音波振動エネルギーの柱状領域で生成されたその音が聴こえることになる。しかしながら、もしリスナーがHSS放射器の脇に立つと、今度は壁で反射する懐中電灯の光しか見えないかのごとく、境界面で反射する音しか聴こえなくなる。リスナーは放射器自体から何も音が聴こえないので、壁で反射する音だけしか耳に入ってこない。スピーカーの歴史において、私たちはこの製品ほどの制御された指向性を可聴音に、今までずっと適用できずにいたのだ。

■■■ 15P ■■■

HyperSonic Sound Technology Benefits
ハイパーソニックサウンドテクノロジーのメリット

Ultrasonic Emitter Devices
超音波放射装置

Not only has the conventional speaker’s crossover network and enclosure been eliminated, but HSS’ ultra-small radiating ultrasonic emitter is so small and light-weight that the inertial considerations ordinarily associated with traditional direct-radiation speakers are virtually non-existent. (And so is just about everything else associated with the conventional speaker: the voice coil and support structure normally used to attach the moving cone in place.)
• Small & light weight                    • No magnets or voice coils
• Easy to mount, very thin & flat             • No cabinets, boxes or housings required
• No Mechanical Vibration or Microphone coupling  • No back wave emissions, can be surface mounted

従来型スピーカーのクロスオーバーフィルタ回路やエンクロージャーがなくなっただけでなく、HSSの極小超音波放射エミッターがとても小さくて軽いので通常従来型スピーカーにつきものだと思われている振動子の慣性質量を気にする必要も実質上ほとんどありません。(そしてそれは従来型スピーカーの他のすべてのこと(ボイスコイルや振動するコーン紙を適正な位置で支える保持構造といった)についても言えます。)
• 小型軽量                 • マグネットやボイスコイルがない
• 据え付け簡単、とても薄くてフラット  • キャビネットや外箱、ハウジングの必要性がない
• 振動やハウリングがない         • 正面に回りこむ背面からの反転位相波を放出しない

Controlled Directionality (Directivity)
制御された方向性(指向性)

Using HSS Technology, designers could control the vertical and horizontal size of the ultrasonic energy column. Sound could be “focused” directly at the listening audience, reducing the reflections and destructive interference from the surrounding walls, floor, and ceiling. For the first time in history, we can largely ignore the negative effects of room acoustics on sound reproduction.

HSSテクノロジーを使って、設計者は超音波振動エネルギーの柱状領域の鉛直および水平方向のサイズを制御が可能でした。反射や周囲の壁、床、天井からの悪影響を軽減して、サウンドは直接リスナーに【フォーカス】も可能にしました。史上初めて、私たちは音響再生における室内音響効果の弊害の多くから脱却することを可能にしたのです。

Project audio over long distances while maintaining intelligibility
明瞭度を保ちつつ遠方まで音響を放射する

Since the projection of HSS over long distances does not follow the traditional Inverse Square Law, HSS is ideal for long distance audible communications. HSS will maintain intelligibility for hundreds of feet, far more than any conventional speaker system. Since SPL is significantly maintained for long distances, the SPL at the emitter can begin at a lower level than conventional speakers. We no longer need to deafen those close to the speaker in order to communicate long distances.

HSSの遠方への放射は逆二乗の法則にはあてはまらないので、遠距離の音声伝達には理想的です。HSSはどのような従来型のスピーカーシステムよりもはるかに遠く数百フィート(100m前後)の遠方まで明瞭度を保ちます。音圧レベルは著しく遠距離にわたって維持されるので、放出時の音圧レベルは従来型のスピーカーよりも低くてかまいません。遠方に音声を伝達するためにスピーカーの側で耳に障害をきたすことはもうありません。

Reduce microphone / speaker feedback
ハウリングの軽減

One byproduct of the non-linear demodulation process is a break in the traditional microphone / speaker feedback loop. Live microphones can be used with HSS with improved feedback immunity.

非線形復調プロセスの二次発生現象は従来型のハウリングループを遮断します。HSSを使えばライブのマイクにさらにハウリング耐性をもたせることができます。

Technology paradigm shift
テクノロジーのパラダイムシフト

This is change to build and market something “truly new”. Your customers require the benefits of HSS and they will be excited by the marketing potential of a technology paradigm shift.

これは何か【本当にあたらしい】ものを構築し販売するための転換なのです。あなたの顧客はHSSのメリットを欲し、テクノロジーパラダイムシフトの市場可能性にワクワクされることでしょう。

■■■ 背表紙 ■■■

HyperSonic Sound Documents Available from ATC
ATCよりご利用可能なハイパーソニックサウンドの資料

HSS™ Data Sheet
Available from ATC or download from www.atcsd.com

HSS™ Technology Introduction (This Document)

HSS™ Question&Answer
Available from ATC or download from www.atcsd.com

HSS™ Technology White Paper
Available from ATC or download from www.atcsd.com

HSS™ S220A Owner’s Manual
Available from ATC or download from www.atcsd.com

HSS™ S220A Brochure
Available from ATC or download from www.atcsd.com

OmniMount Data Sheet (Mounting Bracket Options)
Available from ATC or download from www.atcsd.com

HSS™データシート
ATC社よりご利用可能、ダウンロードは www.atcsd.com から

HSS™テクノロジー序論(このドキュメント)

HSS™質問と回答
ATC社よりご利用可能、ダウンロードは www.atcsd.com から

HSS™テクノロジー報告書
ATC社よりご利用可能、ダウンロードは www.atcsd.com から

HSS™ S220Aオーナーズマニュアル
ATC社よりご利用可能、ダウンロードは www.atcsd.com から

HSS™ S220Aカタログ
ATC社よりご利用可能、ダウンロードは www.atcsd.com から

オムニマウントデータシート(マウントブラケットオプション)
ATC社よりご利用可能、ダウンロードは www.atcsd.com から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音声送信

オーディオスポットライトでニューヨークでの音声送信体験はそのような装置が使われた可能性があると書きました。現在は時折ボ~っと遠くで何かモーター様の物の周期的なうなり音のような、聞こえ方によっては複数人で読経しているような低い音がする程度です。家のアチコチがきしむ音もしますが、こちらでははっきりとした音声を聞かされたことは一度もありません。

また、オーディオスポットライトのような装置では説明のつかない音声被害に遭っている被害者の方々も少なからずおられます。左サイドバーにリンクがある沖縄の玉城さんがそうです。今年の3月に訪問させていただき、電磁波をカットする目的で持参した自作ヘルメットを含めなんとか音声送信を防ぐことができないかと実験をしました。それについては掲示板を読んでいただくと装置の写真が載った私の投稿があります。私がいる間はほとんど音声送信がなく、もしかしたらとかなり期待をしながら実験継続を託して戻ったのですが、一ヶ月と少ししてやはり聞こえるとのこと。残念なことに、結果としては効果は皆無に等しかった。その後、玉城さんは独学で音声送信の物理的追及を進め、自身の理論に基ずく電磁波防護装置の製作を続けておられます。

三泊四日の短い滞在でした。最終日、那覇空港へ向けて沖縄自動車道を車を走らせていたとき、玉城さんが私に向かって、「今、寒いって思わなかった?」と訊くのです。3月の中旬とはいえ新潟からみれば初夏の陽気のような沖縄。しかし、その日は曇り空でエアコンを効かすほど暑くもなく、ウインドウを開けて走らせていました。全開にしたウインドウの枠にもたれ掛けていた腕に、吹き込んでくる風が少しひんやりするなあと感じていたときだったのです。「同乗者が寒いって言ってる(もちろん心の中で)」との声がしたとのこと。確かにひんやりする感覚はあったが、頭の中でそう思ったかはわからないと返答しました。自分の思考を思い出すのに気がいってしまい、そのとき周囲にどのように車が走っていたかは覚えていませんが、空いている高速道路上だったこともありそう近くに車影はなかったはずです。

音声等の送信被害を受けている方には、釈迦に説法かもしれませんがご自身の状況を整理されることをお勧めします。

まず耳栓などの詰め物をして音声等が聞こえなくなったり、小さくなる場合は自分の周囲に音源があると考えられます。この場合は空気の振動が鼓膜を震わしているので、マイクでその音が拾え、録音もできるはずです。

詰め物の効果がない場合は、現状では二つに被害が切り分けられると考えています。まず何らかの電磁波あるいは音響装置でもって直接頭蓋骨を振動させ(前記オーディオスポットライトのような超音波が直接そこで干渉を起こしていることも考えられる)、骨伝導の原理で音が聴覚神経に伝わるパターン。この場合はコンクリートマイクなどの高性能なピックアップマイクや骨伝導マイク(これは微小な振動には弱いか?コンクリートマイクはプリアンプがセットになっている)で頭骨の振動を拾える可能性がある。どこが適当かはなんとも言えませんが、皮膚が薄く聴覚器官に近いこめかみの辺りが拾いやすいのではと考えます。コンクリートマイクは高いものは桁が違いますが、1万円以下で手に入るものもあるようです。これにICレコーダなどを接続して長時間記録してみるわけです。

もう一つは、玉城さんのHPに詳しいのですが電磁波(これは超音波等の音響機器は考えにくい)による聴覚効果により聞こえるものです。これはレーダの送信アンテナの近くにいる人間が音を聞くなどの例から、かなり前から知られていた事実らしく電磁波が直接聴神経や脳の聴覚野に働きかけて音を認識すると考えられています。ただ、放送や通信電波は変調という過程を経て電波に音声などの信号をのせ、受信側は目的の信号をとり出すのに復調という過程が必要なのですが、こういった電波を送りつけたとして音声が直接聞こえるとは考えにくい。なにか人体の生理的特性を利用して復調されるような特殊な変調をかけているのではないかと思っています。

以上のようなやり方でどのように音声が送信されているか、ある程度絞り込める可能性があると考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディオスポットライト

ニューヨークの思い出で書いたささやき声や物音は、このようなデバイスで再現できる可能性があると思われます。原理を記述してあったサイトのリンクがわからなくなってしまったので、記憶を頼りに書きます。

変調のかかった2種類の、周波数が微妙に異なる超音波を同軸方向に射出し、これらを干渉させることによって可聴音を復調させる技術です。我々が聞く普通の音波であれば音源を出た直後に干渉するのですが、超音波は空気の非線形性(おそらく粘性)のせいで干渉が始まるまでに距離が必要だそうで、この性質を利用して空間上のピンポイントに見かけ上の音源をつくり出すのだそうです。私の勝手な推察ですが、周波数を変化させたりして、音源のポイントまでの距離も変えることができるのではないでしょうか。

ラストシーンがこの技術の悪用の可能性を如実に示しています。

Mad Labs: Audio Spotlight

HSS(HypersonicSoundSystem)

神の声?(関連ページリンク)

| | コメント (3) | トラックバック (0)