03集団ストーカー

陰湿な攻撃

今夜ポチの敵さんから電話があった。じゃSkypeで話しますかと言ったら、パソコンがダウンして出来ないとの返答。子細を訊いたら2台あるPCの両方ともが起動不能になってしまったとの事。昨年11月末にお母さんが入院されてから付き添いや面会で大変だったのに、それでも年が明けてからは仕事の発注がテンポ良く入ってきて、忙しいながらも仕事に打ち込んでいる最中の事だった。

常用しているPCが突然起動不能になり、サブPCにスワップしたところそれも間を置かず同じ症状でダウンしたそうだ。それだけではなく自前サイトにもアクセス出来なくなっているとの事で、実際やってみると「サーバが見つかりません」とブラウザが返答する状態だった。今現在は一応レスポンスはあるが、「システムメンテか容量問題で一時的にアクセス不能」とのApacheのページが返ってくるだけ。2台のPCダウンといいあまりにもタイミングが良すぎる。

急ぎでこなしていた仕事も納期に間に合いそうもないから、クライアントに謝罪してキャンセルする事にしたそうだ。せっかく新規で掘り起こしたクライアントも信頼関係を築けず次の発注をしなくなる。仕事が順調に回り出してはトラブルが発生する。ずっとこの繰り返しだったそうだ。

「警察のヤロー、ほんとに許せない」


時間があったらまた、湯本の温泉に浸かって身体だけでも癒して下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

被害者近況

いわき市のJaliveさんが脳梗塞で倒れました。

重度の麻痺が残らなかったのは不幸中の幸いでしたが、箸や鉛筆が使いにくい等の右手の機能障害があり、思考の必要な事務的な作業に困難を伴う状態です。

本人から直接伝言をもらって来たのでここにそれを記します。


いわき中央署警備課の連中にやられた!

俺はぜったいに許さない!!!


泥棒権力の電磁波弾圧

| | コメント (4) | トラックバック (1)

トップページ祝復活

玉城さんのwebサイトのトップページが復活しました。2年以上の長きに渡り白紙状態だったのがやっと見られるようになり、他のページへのリンクが分かるようになりました。加筆修正が必要な箇所が多数あるそうですが、少しずつ手を加えていくとの事で、新たな活動に期待いたしております。

あなたも頭の中を覗かれているかも

状態の安定が確認できるまで左サイドバーの各ページリンクは置いておきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対向車の車窓から

この記事をご覧になっている皆さんの多くは車の運転をされると思うが、何処を見て運転されているだろうか?

無意識に、安全に運転するのに必要なあらゆるポイントに細かく視線を移動させているんだと思う。

ところで、すれ違う対向車についてはどうだろうか?私は可能な限り一台いちだい対向車のドライバーの表情や視線、車内での行動を注視している、いや正確には注視せざるを得なかった。集団ストーカーが始まってから。それまでは対向車の動きを周辺視界で無意識に追う程度で、そのドライバーの顔や表情などに目をやることなどほとんどなかったし、大半のドライバーも同様だと思う。

休日や或いは平日の通勤時間帯などの混雑時にはほとんどのドライバーが、それを証明するかのように、対向車などに目もくれず前を見据えて運転している。ところが、これが平日の日中の空いた時間帯となると様相がガラリと変わる。そのようなドライバーは半数以下に減り、じゃあ残りのドライバーはというとこれが面白いのだ。私の顔を見た上で次の瞬間自車のナンバープレートの辺りに視線をやるドライバーが結構いる。これは信号待ちで交差点で停止して、交差道路から左折や右折で曲がってくる車を観察していると、速度差が少ない分よくわかる。人の顔に目をやるのは別にして、ナンバーまで見るだろうか、普通の一般ドライバーが。何を確認しているのか?そりゃターゲットかどうかでしょうな。あと、人の顔を見て慌てて助手席やグローブボックスの辺りの何かを探し始めるドライバー。携帯電話ですかねえ。助手席に乗客がいる場合には、ドライバーか助手席のどちらかが私を指さして相方に相槌の話しかけをした後、二人してニヤケた顔で私に向き直るというパターンも多い。見ず知らずの他人から指をさされる覚えはないんですがね。とにかく圧倒的な数の視線を浴びているのだ。

晴天下の車というのはウインドウが日光や周りの景色を反射して車内が見えづらいが、偏光グラスというメガネをご存知だろうか。偏光とは特定方向に振動する光のことで、水面やガラス面などで光が反射すると偏光が起こる。この特定方向の偏光をカットしてくれるメガネが偏光グラスだ。サングラスにもその機能を持ったものがあるが、偏光レンズとかPLレンズという記述がなければそうではない。大抵の偏光グラスは釣りなどで水面の反射をカットするためか、水平面での反射波のカットに合わせてレンズを装着してあるようだ。これが傾斜のついた乗用車のフロントウインドウには最適で、日光の直接反射がなければまるでウインドウが取り外してあるかのように素通しで見える。集スト被害者の方がお使いになると新たな発見があるかもしれない。

偏光グラスにも性能があるようで、定評のあるメーカはTALEXで様々なレンズを提供してくれている。

TALEX ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

サングラス通販アイウェアプロショップAZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お仲間だけが分かる秘密のサイン?

昨日車で帰宅途中、自宅の近くの交差点で信号待ちの際に見知らぬ歩行者から会釈された。20時頃だ。グレーの頭髪にメガネで中肉中背、左手にストラップがついたようなものを持った初老の男性が左前方から近づいて来るときのことだった。全く見覚えのない人だったが、車を一瞥しただけで私の顔を見据えることもなく、しかしはっきりと会釈して車の左横を歩き去った。

街灯の薄い交差点で、車のライトを点灯させていたこともあり、歩行者からは私の顔はおろか車種の判別も難しい距離でのことだった。ということは、車の外観で誰か他の知り合いと勘違いしたという可能性は低いはず。

一旦話を変えるが、私への加害側の車両を使ったアンカリング(監視しているぞとターゲットだけに分かるように振舞う共通の行動様式のようなもの)と呼ばれる行為を挙げると、私の場合は大きく、①交差点での停止位置、②ブレーキランプの点灯状態、③ブレーキランプの点灯のさせた方(ブレーキの踏み方)に類型化される。

①は停止線からあからさまに手前で止まる車が大量に出現する。対向して停止している車も含めてそうではない車を探すのが大変なほど出現するのだ。自分が先頭から2~3台目(それ以上離れた場合は確認できないので言及できない)であればその先頭の車が、自分が先頭で二車線以上ある交差点ではもっとはっきり分かるが隣の車線の車が、明らかに1.5~2m(最近はやや短縮傾向)ほど停止線からスペースを空けて止める。私が停止線を越えて止めているせいでそういう位置関係が生じている訳ではない。教習所で習ったそのまんま、バンパーが停止線ツラいちチョイ手前といったところで停止している。対向車に目を移せば、これもまた妙にスペースが空いている。笑っちゃうのは私がそのように止めたときだ。それこそ2.5mほどもスペースを空けて並走車を待っていると、やって来た隣の車は頭が私の横に来た段階で停止寸前。そこから微速で前進してバンパーが自車前輪の車軸の辺りで停止。もう一台楽勝で前に車が入るくらいスペースが空いている。どうしても私より後ろに止めなくてはいけないらしい。こんなことが日常茶飯なのだ。

下の質問者だけでなく、失念したが、とある掲示板でも車間を空けた車の停止についての疑問の書き込みを目にしたことがある。私と同じ立場でないことを切に願うが。

車の停止位置について / BIGLOBEなんでも相談室

②については片目切れのブレーキランプの車の出現率が高いということだ。①ほどの頻度ではないが、集団ストーカーが始まる前まではこれほどまでに見かけることはなかった。トータルで2時間ほど乗車すると先行車ではない車両も含めて3~5台見かける頻度と言えばいいか、実際に統計を取っていないので感覚での判断だが。また、これが前の①や次に記す③をもれなくやってくれるジョーカーのような存在なのだ。そして、これは一度だけの遭遇だが、点灯していた先行車の左のブレーキランプがあるときから点かなくなったことがあった。球切れや接触不良を起こした可能性もあるだろうが、スイッチで切り替えできるように細工しているのではという疑惑を拭えない。というのは点かなくなってから次に挙げる無意味なパカパカが始まったからだ。

③は不必要なポンピングブレーキ。集スト発生初期はアンカリングと呼ばれる印象付けを徹底させるためか、これでもかというくらい変なブレーキングの車が纏わりついてきた。前に来る車、前に来る車、不必要な場面でおちょくるようにブレーキランプを点滅させる。新新バイパスと呼ばれる自動車専用道路、即ち高速道路の一種で、通勤時などの混雑時でないほぼ定速で走行できる状況で、しかも十分な車間を取って後続していてもそういった輩が出現した。最近は随分とあっさりした行動に変わってきたが、出現率は高い。だいたい街中の30km/hや40km/hの制限速度の道でそういうブレーキを踏むドライバーがどれだけいることか。

他にもアンカリングだろうと思われる行動はあるが、主旨がぼけるので今回はこれだけにしておく。話を戻して、昨日の交差点で私は加害側のように停止線から車間を空けて車を止めていたのだ。冒頭に書いた歩行者の立場に立ってみると、暗い交差点で車影もはっきり見えずヘッドライトに照らされた停止線との位置関係だけはわかる。そして会釈。何が言いたいかというと、お仲間と勘違いして会釈したのではないかと思ったのだ。

これも最近のことだが、訪問先のビルの廊下の窓から何気なく外を見ると眼下に直近の交差点が見下ろせた。しばし観察していると、そこにも車間空けの車がちらほら出没しているのに気がついた。このことを合わせて考えるに、連中はターゲットの前だけでなく普段からこういう行動を取っているのではないか。走行途中で状態が変化した車を上で挙げたが、それは当てはまらないが②、③のような状態、行動もそうかもしれない。そしてそれがターゲットへのアンカリングだけではなく、お仲間の識別の意味も持っているのではないかと、そんな風にも思えてくる。

であれば、被害者の場合はそういった連中が携帯端末で情報をやり取りしてアマゾンのピラニアのように纏わりついてくるからその密度が極端に高くなり特殊な状況が必然としても、非ターゲットの一般人にも「最近交通マナーがおかしいなあ」という印象を与えている可能性がある。

地域的な違いもあるかもしれないが、どうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガカーイ 瓦解!!!

どうやら本当にお亡くなりになったようだ。

今回の衆院選でも大敗北して地上から消えて下さい。

あ、きっちりと積年の悪事の裁きを受けてからね。


アクセスジャーナル

池田大作氏、死亡? - 敬天新聞 / ★阿修羅♪

スピリチュアル・ハイアラーキーと銀河連邦 2009年4月14日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

統失とおっしゃるならそれで結構

どこぞの団体が集団ストーカー被害者を無条件で統失認定している。VIPでもない一般人が、それだけの金とマンパワーを遣って嫌がらせをする理由が見当たらないからというのが一因だそうだ。

だが、巨悪が世間に露見する前というのは往々にしてこういう状況を経るのではないか。詳しく調べた訳ではないが、北朝鮮による拉致問題も被害者家族が声を上げ始めた頃は警察も世間もそんなことあるはずないという態度だったんではないか。

信濃町を面白半分に冷やかしに行って身も凍る恐怖を味わった方の動画がある。

【創価学会】信濃町で尾行されてみた


この方がもし学会員の尾行に気づかずに帰宅していたら、どうなっていたか。私たちのような嫌がらせが起こらないと言える映像だろうか。

このような宗教団体とは程遠い組織が政権と結びついていると思うと背筋が寒くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

統失患者だとのバッシング

戸﨑(とざき)さんのサイトに故清水由貴子さんの肉声のスクープファイルが掲載されてから、集団ストーカーや組織ストーカーあるいはガスライティング犯罪とそれに伴う電磁波被害について、ネット上のアチコチで話題になっている。

だが、その反動として統合失調症だとのバッシングも増えているようだ。加害側の工作もあるだろうし、率直な意見もあるだろう。

ニューヨークの思い出」で書いたように、私は犯罪被害に遭っているという叔母の元へ行ってはじめてこの犯罪を体験した。JFK空港を出てすぐにおかしな状況になった。11年前のことだ。

仮に叔母が統合失調症だったとして、その患者の近くへ行っただけで統失は発症するのか?統失患者とまるっきり同じ妄想を同時に体験する症状を。

ネット上での無根拠な統失認定を見ていると、新潟に帰ってきてから本格的に集団ストーカーが始まるまでに6年ほどの期間があったのだが、「あなたはアメリカでおかしなことを体験したようだが、今のあなたは統合失調症ですよ。きっとアメリカでの体験がトラウマとなって精神を病んでしまったんでしょう」というツッコミすらされそうだ。

奈良の騒音おばさん和歌山カレー事件のような記事や動画が掲載される、世間の常識にとらわれずに事実を追及しようとするネットの良識を信じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水由貴子さんが訴えていた真実

ガスライティング犯罪、いわゆる集団ストーカー犯罪の被害者、戸﨑(とざき)さんのサイトにスクープ級のファイルが掲載されていた。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」と題した音声と文章の動画ファイルだ。

ファイル中で清水さんは盗聴、盗撮だけでなく、消防車、パトカー、防犯パトロール、郵便配達員からのつけ回しの影に脅えている様子がわかる。

また、仕事を通して創価学会員と接触があり、明言はされていなかったがおそらくは入信勧誘を断ったことによる逆恨みが原因ではと思ったこともあったと語っている。しかしそれでは警察の関与を説明できないと、加害組織を特定しきれていない様子を語る。

買った覚えのないキャベツがあったり、台所にアリを撒かれていたりと不在時の家宅侵入を思わせる発言もある。

このような状況下で介護の必要なお母さんを抱えた妹さんとの女だけの三人暮らしの気持ちを思うと察するに余りある。

録音から受ける清水さんの印象はテレビのイメージそのまま、いや、もっと慎ましやかで思慮深くて思いやりのある女性である。このような方がなぜ自ら死を選ばなくてはならないのか。残されたご家族の思いはいかばかりか。その辛さだけでなく、清水さん以上に大変な目に遭っているんじゃないか。

清水さん、戸﨑さんを含む私たちと同じ被害を訴える方々が全世界に多数存在する。このことが何を意味するのか。同時多発的に静かに進行するテロといっても過言ではないと思う。他人事と思っているあなたが明日にはそのターゲットになるかもしれない。だからこそ、この犯罪を広く国民に知ってもらいたい。マスゴミなど権力者の洗脳機関でしかない。捜査機関も当てにならない。警官が集スト行為や被害者の悪評流布に関与しているらしい情報が多数上がっている。情報拡散にご協力願えないだろうか。

由貴子さんのご冥福とご家族のご無事を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

元厚生事務次官連続殺傷事件

例の事件の容疑者は隣人トラブルを抱えていたようだ。

ニュース動画で、工事関係者が「お前が俺に嫌がらせをする悪の根源か」と容疑者から言われたとある。

この容疑者は集団ストーカーの被害に遭っていた気がする。

それに「ペットを保健所に殺されて頭にきた」という動機も含めて、この人物があのような手馴れた犯行を行った犯人であるとするのはとても違和感がある。

元厚生事務次官連続殺傷事件


小泉容疑者の父、「私の命をささげたいくらい」と謝罪/gooニュース

★阿修羅♪>日本の事件28>小泉毅はにせものでは?

この事件については今後も注目していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧