11日記・コラム・つぶやき

レジスタンス希望

在特会と主権回復を目指す会の会員が逮捕されてニュースにもなったが、日護会でも似たような弾圧があったようだ。事務所へのガサ入れ切符入手の手柄欲しさか、カルト教団への信者の忠誠か、無理筋で現場の会員を引っ張ろうとする公安警察官の醜悪な姿勢がはっきりと記録されている。あの矢竹という警備課長は逆に、特別公務員職権濫用罪と特別公務員暴行陵虐罪で逮捕されてもおかしくない犯罪を犯しているのが分かる。

そんな醜悪動画だけかと思っていたら、不思議な場面もあった。動画の四本目で、日護会員に矢竹の犯罪行為を詰問され苦渋の表情を浮かべて対応に苦慮する警備警察官の姿が映っている。警察の一職員として対応しながらも、上司の越権行為を苦々しく噛み締めているようにもとれる。そして最後の方で会員の「警察権力の中に創価学会の勢力が入り込んで色々とグチュグチュやっているのは知っているが、(目の前にいる)あなた達はそうだとは思いたくない…」の言にその警官は「少なくとも僕は違います」と返した。意外、というより、ありえないリアクションだった。

伝わるものがあった。同時に矢竹の入信先も。

極悪謀略組織のような公安警察にもこのような警官はいるんだなあ。彼のような警官が極悪伏魔殿の良識の草として、少数ではあってもネットを使ったレジスタンスになってくれたらなあ。

在特関西またもや微罪逮捕【朝鮮府警】日護京都支部長を救出せよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まだまだ居ますね売国奴

売国奴たちと日本を守る国士たち(画像)

売国内閣時代の秘書官やら麻生内閣時代の内閣官房副長官もそうだな。この二人もハンパじゃない。チェイニー前合衆国副大統領はブッシュの黒衣だったそうだが、あの秘書官も同じ臭いがする。未だ現役で活動しているらしいし。内閣官房副長官も米国諜報機関直臣よろしく裏で工作に励んでいたな。  …忘れないよ、みなさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

We're already here, in Xanadu?


ふるやの森


Olivia Newton John & ELO - Xanadu


XANADU LYRICS

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シビレるわ、コシミズさん

「主権回復を目指す会」の西村修平さんや「維新政党・新風」の瀬戸さんたちがついに腰を上げた。

ネット上で、はっきりとした根拠の提示なく誹謗中傷を浴びせるあのコシミズ氏に、大人の対応を見せていた市民愛国派の方々もさすがに堪忍袋の緒が切れたようだ。

主権回復を目指す会 掲示板

リチャード・コシミズ氏にお灸を据える。 / せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

集団ストーカー被害者としては、愛国派の方々の主義主張に全面同意するわけではないが、創価学会の犯罪追及と合わせてそれを取り上げて下さったこともあり、当然のごとく親近感がある。被害者を精神疾患持ちとひとくくりにして揶揄の対象にしてきたコシミズ氏と氏が率いる独立党の面々とは好対照だ。

コシミズ氏の被害者に対するバッシングもそうだが、愛国派の方々への誹謗中傷には明確な根拠や証拠がない。曲りなりにもジャーナリストを自称するのであれば、「自分の足で稼いだオリジナルのソースを提示してみなさいよ」と言いたい。

先の衆院選前の炎天下、学会員のストーカーや妨害にも負けず、日に数千枚も創価の犯罪体質告発のビラをポスティングしてこられた瀬戸さんたちには本当に頭が下がる思いだ。そしてその動画をYouTubeに上げて学会の犯罪体質を克明に世に知らしめてくれた。そういう地道な活動を自ら続けてこれられた愛国派の方々と、片やアルコールの抜けない頭で日がなPCの前で妄想記事、誹謗中傷記事を書きなぐるだけの自称ネットジャーナリスト。公開討論なんてやらなくても結果は端っから分かってる。分かってるからなんとか誤魔化そうとするのだろう。

下のリンクはコシミズ氏が、氏の誹謗中傷に怒った西村さんからのクレームの電話には出ず、一旦ネットで表示番号を検索にかけて、西村さんからだと確認してから録音態勢を整えて自ら電凸したときのもののようだ。

コシミズ、西村修平氏に電凸

西村修平vsコシミズ

感情的なもつれか、組織維持の打算のためか、工作員扱いされ顔写真や住所・氏名・電話番号を曝され、挙句にはGoogleマップの該当住所宅に営業妨害の誹謗中傷コメントまで書きつけられたcrackさんと仰る元独立党員がおられる。そのcrackさんとの電話のやり取りを彷彿とさせる様子だ。

精神病院に一番近いのは今のご自身だと早く気づいた方がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のりピーの追憶

【HD風】 酒井法子∮お願いダーリン <PV>


バラエティはテレビを見ないので分からないが、ニュースのネタとしては連日報道が続いている。押尾学容疑者とその関係者の煙幕のためにハメられた云々の話もあるが、一連の薬物騒動で、権力筋とヤクザと芸能界の黒く澱んだ魔窟にぽっかりと穴が空いてそこから漂う強烈な腐臭にむせ返るようだ。

酒井容疑者について思うことは、結局逃亡という形になってしまうのだが、別居中の夫の要請で職質現場へ姿を現したという行動に対してだ。おそらく二人して覚醒剤を常用していたのだろうし、その事実について斟酌するつもりは毛頭ないが、現行犯逮捕の危険を冒して夫の元へ駆けつけたというのは自身の保身や損得勘定を超えた行動だった気がするのだ。

上の動画をたまたま目にして、デビュー当時の無垢なあどけなさ、初々しさの中にのぞく、そこはかとなく影の垣間見える表情に想いを馳せる。複雑な生い立ちをもってそれをバッシングのネタにしている記事が多いが、それがどれだけ彼女の心の重荷になっていたかは知る由もない。中学卒業を待たずに飛び込んだ憧れの芸能界でいったい何を見たのだろう。華やかな外面とは裏腹に、実権を握る男たちの奴隷となり身も心も売り渡して引き換えに仕事をもらう先輩たちの悲しい後姿か。動画に一瞬映る愛玩人形の品評会のようなオーディション。そこで値踏みされ落札された商品の価値が高ければ高いほどにそういう辛い思いが待ち構えていたのではないか。


もし彼女が違ったところに生を受け、芸能界などとは無縁の生活を送っていたとしたら…


夜、留置場の居室で暗い宙を眺め、そんなことをぼんやり考えているのかもしれない。

来たる政権交代を機に魔窟の黒い膿が搾り出されることを期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南海トラフのクサビが外れた?

今朝の駿河湾を震源とする地震は震度の大きさの割りに被害が軽かったのが不幸中の幸いだった。死傷者、被災者の方々には心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。だが、これで終わりではない公算が高いようだ。e-PISCOの予測よりも規模が小さかったこともそうだが、8月9日の地震が引き金となって、これからこのような地震が頻発して東海大地震へと突入する可能性が指摘されているのだ。以下は「[フォトン・ベルト レポート] 第109号 2009/8/11」からの引用だ。

以下引用

 銭洲海嶺が震源地の地震が意味するもの
8月9日夜に起きた「東海道南方はるか沖」を震源地とする地震は、一部の地震を研究している人たちにとっては震撼させるものでした。
震源は地下340キロで、専門家の間では「銭洲海嶺」と呼ばれる場所でした。

 ここはフィリッピンプレートと南海トラフがせめぎ合っている場所で、南海トラフを固着させている場所としても知られています。
過去著名だった地震研究家が、「この銭洲海嶺に地震が起こった場合に、その後の南海トラフ上の3つの震源域(東海・南海・東南海)の地震を警戒
しなければならない」という趣旨の論文をすでに10年以上も前に残されています。 いよいよ700年ごとに巨大地震を繰り返し起こしてきた南海トラフに、
発震のためのスイッチが入ったと理解すべきだと、地震に詳しい知人は力説しています。

引用終わり


また、今回の地震を予知していたと言っても過言ではない東海アマチュア無線地震予知研究会の管理人さんの掲示板でも、8月9日の地震について同様の指摘があった。

以下引用

銭州海嶺の位置情報 北緯33度57分14秒東経138度49分44秒
 今回の震源地位置情報 東海道南方沖 ( 北緯33.1度、東経138.5度)
 ほぼ銭州とみて間違いない。深度が約340kmで、フィリピンプレート最期の固着域が崩壊したと見るべきだと思う。
 これは南海トラフの巨大地震が発生する最期の契機となる可能性がある。三河地震以来の長い抑圧は、銭州の固着域によって成立していたものだ。そのタガが、この地震で外れたとするなら、これから数ヶ月の間、数百回のM4~7クラスの地震が頻発し、徐々に規模を大きくし、やがて宝永以来のスーパー級南海トラフ大地震につながる可能性が強いと思う。

引用終わり


それが必然だとしても、なるべく軽微にと願うことしか出来ないが…


平成21年08月09日20時08分発表地震情報 / 気象庁

関連記事 / 大地震の予兆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大地震の予兆

地震発生前に前兆現象として起こる大気イオン濃度の異常がここへ来て特に著しいそうだ。e-PISCOの神奈川・厚木測定点のイオン濃度グラフは皆既日食の前日から再び断続的に振り切れる状態が続いている。南関東地方は特に要注意らしい。2009年7月17日時点の要注意情報(イオン観測情報) によると、「8月から9月にかけて、首都圏周辺でM8規模の大地震が発生するものと予想する」とある。杞憂で済めば幸いだが本当に起これば人的・物的被害のみならず国家の機能を揺るがすような甚大な影響を日本全域に及ぼすことになるだろう。

上記の「8月から9月にかけて、首都圏周辺でM8規模の大地震が発生するものと予想する」との引用元の要注意情報が記述変更になっている。ともない、下記リンクをその記述があるリンクに変更するとともに、トップページのリンクも追加した。09/08/11追記

要注意情報(イオン観測情報) 2009/06/23 / 大気イオン地震予測研究会e-PISCO

要注意情報(イオン観測情報) 2009/07/27 / 大気イオン地震予測研究会e-PISCO

NPO法人大気イオン地震予測研究会e-PISCO


日食というのは地震を誘発させるらしい。東海アマチュア無線地震予知研究会さんの2009年07月22日水曜日の記事によれば、「皆既食と大地震は密接な関係があり、引力整列が地球を40センチも歪ませ、応力を刺激するトリガーとなる」そうだ。

保存食や飲料水を備蓄して、宏観異常等をこまめにチェックしそれをネットで共有するくらいしか対策はないが、とにかくこれから2~3ヶ月は気が抜けない。

東海アマチュア無線地震予知研究会

宏観情報報告掲示板 / 東海アマチュア無線地震予知研究会

宏観異常 / 大気イオン地震予測研究会e-PISCO

磁石落下地震予知実験

地震予知研究


関連記事 / 南海トラフのクサビが外れた?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本独立元年になってくれよ

21日に衆院解散が決定したようだが、今日の民主党提出の内閣不信任案が否決された。民主党の選挙戦術と言ってしまえばそれまでだが、この一両日の動きを見ていると小沢さんの姿が浮かんでくる。麻生総理と小沢前代表が阿吽の呼吸で動いた気がするのだ。

未だ横田幕府の直轄地でしかないこの日本で、影響力のあるまともなセンスの政治家や官僚はことごとくアメ様(米国政権を陰から操る金融資本家たち)にタマキン握られているんだと思う。

中国という座標軸を無視して考えるなら、アメ様の手先として政官界に、そしてとくに政権に浸透している二大カルトとアメ様直属エージェントのようなウイルスを、アメ様が元気をなくしているこの好機にタマキン握られた状態で故意にエラーを演じながら前回の記事のような発汗療法で焼き払おうとしているのではないか。それに阿吽の呼吸で反麻生陣営(清和会などの極悪ウイルス)の動きを封じるために内閣不信任案という抗ウイルス薬を注入したんではないか。そしてダークなイメージが払拭できない部分はあるが、それに古賀誠選対委員長が一枚噛んでいたのではと。そんな気がしてきたのだ。

実は民主党にも同じウイルスがうじゃうじゃいる。民主党が政権を取った後その退治に乗り出すかが、読みの正否の分かれ目だ。アメ様の妨害も当然あるだろうが、そうなれば更なる政界再編が起こるだろう。

妄想だけが頭の中をグルグル回るんだが、頼むからそうであってくれよ。頼むから…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダニはまず政権から消えてくれ

昨夜はPCで都議選の開票速報を眺めていた。投票を閉め切って開票開始となった20時から20分もしないで民主党議員の当確が出たのを皮切りに民主の当確の洪水だった。圧倒的な数の得票だったことが窺がえた。

民主党だけで単独過半数を占めるだけの立候補者がいなかったのでその勢いも後半は萎えてしまったが、驚愕すべきは公明党の得票だ。与党の逆風が吹きすさぶ中、候補者全員を当選させた。なりふり構わず必死で闘った(工作した)結果だろうが、創価学会の底力を改めて見せつけられた。

発汗療法のような深謀遠慮があるのか、内外からのバッシングにうんざりしてヤケっぱちになったのか、麻生首相が「衆議院を14日にも解散し8月8日に投開票を行いたい」との意向を固めたそうだ。そのように事が運ぶか微妙なようだが、ぜひそうなってもらいたい。創価学会もいつ衆院選があってもいいようにそれなりの対策はしてきているだろうが、今回の都議選でかなり疲弊しているはずだ。解散が出来レースでなければ住民票移動という姑息な選挙テクニックも用をなさない。少なくとも今回東京都に移動させた分は元の居住地では無効になる。

民主党が政権を取ると外国人に日本が乗っ取られると訴える人が少なくないが、こんな腐ったシガラミでがんじがらめの日本で政治が真っ直ぐいい方に動くわけがない。政権を取ってそのような兆候があれば国民が団結して声を上げるしかないだろう。謀略集団である邪悪なカルトに侵食されたままダッチロールする政権が続くよりはマシだと思う。

とりあえずはダニを政権から抹消したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルト集団の落日

巨悪追及を標榜するリチャード・コシミズ氏のブログのコメント欄に思うところを書き込んだ。以下はその投稿文。


******************************************************************

荒田先生のときと同じようなことをお始めのようですが、小林興起先生と統一教会との関係はクリアになってるんですかね?

http://www.asahi-net.or.jp/~AM6K-KZHR/wgendai.htm

有権者としては先日アップされたような動画で、統一教会に対する小林興起先生のお考えと今までの関係をお訊きしたいですね。

                                       一有権者
                                       2009/07/11 10:16

******************************************************************


3番目のコメントだったが、これがきれいに消えている。

去年だか国賊落選運動を提起したときには二大カルトと繋がりのある議員は落選運動の対象だったはず。

年次が古いのだが、『週刊現代』99.2.27号からの現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リストに小林興起先生の名前もある。

金銭も含めた全面バックアップをサイト上で呼びかけるのであれば、コシミズ氏もご存知であったであろうこの事実(週刊現代の記事になったということ)への言及は避けて通れないはずだ。

しかし、小林先生を講演会に招聘してから現時点までそれは一切なく、私が指摘すれば削除。

こういったコシミズ氏の言動の矛盾は去年の独立党幹部会員脱退騒動の頃から目につき出した。他の陰謀・巨悪追及者を見下したような発言が目立ち始め、真の追及者は自分だと。自分以外にはそれは為しえないとまでおっしゃっていた。同時に独立党はご自身の後援会であってトップに意見する会員は必要ないとも。

カルト追及を標榜する団体がまんまカルト集団になってしまった、コシミズ氏を教祖とする。

口先だけの賛辞を並べる面従腹背の内部かく乱者も少なからず浸透しているようだし、ワールドフォーラム初参加の頃の針路に真っ直ぐ向かうことはもうないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)