« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

まだまだ居ますね売国奴

売国奴たちと日本を守る国士たち(画像)

売国内閣時代の秘書官やら麻生内閣時代の内閣官房副長官もそうだな。この二人もハンパじゃない。チェイニー前合衆国副大統領はブッシュの黒衣だったそうだが、あの秘書官も同じ臭いがする。未だ現役で活動しているらしいし。内閣官房副長官も米国諜報機関直臣よろしく裏で工作に励んでいたな。  …忘れないよ、みなさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人を工作員だとほざく奴からの電話

今日の夕方、突然あのターザン氏から公衆電話で電話がかかって来た。

自身の入手した情報では、私が電磁波にやられてロボトミーではないかと仰る。ロボトミーとは疾患名ではなく精神疾患の患者に対して過去に行われていた前頭葉切除手術のことを指すのだが、それを受けるような或いは受けた後の副作用的な精神状態に電磁波でさせられているのではないかと言いたいのだと察した。

今ひとつ電話をかけて来た本意は分からなかったが、そのことについて考えるにこういう環境にあって自分の精神が全く健全ですよと胸を張るだけの自信もないのが正直なところだが、それを本人に問うたところでなんの意味がある?

ただでさえ私のことを工作員呼ばわりして口汚く罵ってきた人間からの電話だ、話しているだけでムカムカしてくる。案の定過去のムカつく経験の蒸し返しになって水掛け論だ。で、ご自身の記憶は完璧との認識でそれが絶対的な基準になっているから客観的な事実認識など出来ようはずもない。自分の訊きたいことだけは念入りに訊いて私の言うことを遮るような会話にも辟易した。

他の被害者は別にして、私には今後一切コンタクトを取らないでいただきたい。あんたの声を思い出すだけでムカつくから。


P.S.

ムカつきついでに思い出したけど、「どうして自分の住所が分かったか腑に落ちない」って相変わらずぬけ抜けと言ってたね?こっちの住所は来たことがあるからよく分かっているくせに自分の住所や家の電話番号すら教えてくれていなかった卑怯な状況の中でさ。こんな人間にわざわざ教えてやるのもどうかとは思うが、このままほったらかして置いて工作員ネタの燃料にされるのも癪だから、タネを明かしてやるよ。

YouTubeに上がっている動画をじっくりと再生してみたら自宅近辺を撮ったと思しき動画が数本あるのに気づいた。その内の一本に、正面に見える橋の下にいる軽のワンボックスカーにカメラを向ける動画がある。その動画には橋の向こうの景色が映り込んでいる。太いコンクリートの支柱と防球ネット、そしてその先にはグラウンドのような開けた土地と更に遠くには数階建の建物。それだけでその敷地がなんの敷地かピンときた。じゃあ後は橋と敷地をセットでその位置関係にあるポイントをgoogleマップで探そうと。で、探したら10分もしないで分かった。氏の居住する市には二本の川があるが、その川に掛かるすべての橋の中でそのような敷地と隣り合わせの橋は一箇所しかなかった。そこと自宅は目と鼻の先、他の動画で自宅前で二名の警官とやり取りしているのがあるが、そこで警官が指し示す警察署等の方向とバッチリ一致する。あとは自宅と前の畑との位置関係が分かる動画と合わせ、マップ上で自販機の前の道路から二軒目と判断できるので特定の一軒に確定した。以上!

ご理解いただけましたか? C-BoXのロバパンさんよ!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年3月 »