« お仲間だけが分かる秘密のサイン? | トップページ | 南海トラフのクサビが外れた? »

対向車の車窓から

この記事をご覧になっている皆さんの多くは車の運転をされると思うが、何処を見て運転されているだろうか?

無意識に、安全に運転するのに必要なあらゆるポイントに細かく視線を移動させているんだと思う。

ところで、すれ違う対向車についてはどうだろうか?私は可能な限り一台いちだい対向車のドライバーの表情や視線、車内での行動を注視している、いや正確には注視せざるを得なかった。集団ストーカーが始まってから。それまでは対向車の動きを周辺視界で無意識に追う程度で、そのドライバーの顔や表情などに目をやることなどほとんどなかったし、大半のドライバーも同様だと思う。

休日や或いは平日の通勤時間帯などの混雑時にはほとんどのドライバーが、それを証明するかのように、対向車などに目もくれず前を見据えて運転している。ところが、これが平日の日中の空いた時間帯となると様相がガラリと変わる。そのようなドライバーは半数以下に減り、じゃあ残りのドライバーはというとこれが面白いのだ。私の顔を見た上で次の瞬間自車のナンバープレートの辺りに視線をやるドライバーが結構いる。これは信号待ちで交差点で停止して、交差道路から左折や右折で曲がってくる車を観察していると、速度差が少ない分よくわかる。人の顔に目をやるのは別にして、ナンバーまで見るだろうか、普通の一般ドライバーが。何を確認しているのか?そりゃターゲットかどうかでしょうな。あと、人の顔を見て慌てて助手席やグローブボックスの辺りの何かを探し始めるドライバー。携帯電話ですかねえ。助手席に乗客がいる場合には、ドライバーか助手席のどちらかが私を指さして相方に相槌の話しかけをした後、二人してニヤケた顔で私に向き直るというパターンも多い。見ず知らずの他人から指をさされる覚えはないんですがね。とにかく圧倒的な数の視線を浴びているのだ。

晴天下の車というのはウインドウが日光や周りの景色を反射して車内が見えづらいが、偏光グラスというメガネをご存知だろうか。偏光とは特定方向に振動する光のことで、水面やガラス面などで光が反射すると偏光が起こる。この特定方向の偏光をカットしてくれるメガネが偏光グラスだ。サングラスにもその機能を持ったものがあるが、偏光レンズとかPLレンズという記述がなければそうではない。大抵の偏光グラスは釣りなどで水面の反射をカットするためか、水平面での反射波のカットに合わせてレンズを装着してあるようだ。これが傾斜のついた乗用車のフロントウインドウには最適で、日光の直接反射がなければまるでウインドウが取り外してあるかのように素通しで見える。集スト被害者の方がお使いになると新たな発見があるかもしれない。

偏光グラスにも性能があるようで、定評のあるメーカはTALEXで様々なレンズを提供してくれている。

TALEX ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

サングラス通販アイウェアプロショップAZ

|

« お仲間だけが分かる秘密のサイン? | トップページ | 南海トラフのクサビが外れた? »

03集団ストーカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503212/30822905

この記事へのトラックバック一覧です: 対向車の車窓から:

« お仲間だけが分かる秘密のサイン? | トップページ | 南海トラフのクサビが外れた? »