« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

のりピーの追憶

【HD風】 酒井法子∮お願いダーリン <PV>


バラエティはテレビを見ないので分からないが、ニュースのネタとしては連日報道が続いている。押尾学容疑者とその関係者の煙幕のためにハメられた云々の話もあるが、一連の薬物騒動で、権力筋とヤクザと芸能界の黒く澱んだ魔窟にぽっかりと穴が空いてそこから漂う強烈な腐臭にむせ返るようだ。

酒井容疑者について思うことは、結局逃亡という形になってしまうのだが、別居中の夫の要請で職質現場へ姿を現したという行動に対してだ。おそらく二人して覚醒剤を常用していたのだろうし、その事実について斟酌するつもりは毛頭ないが、現行犯逮捕の危険を冒して夫の元へ駆けつけたというのは自身の保身や損得勘定を超えた行動だった気がするのだ。

上の動画をたまたま目にして、デビュー当時の無垢なあどけなさ、初々しさの中にのぞく、そこはかとなく影の垣間見える表情に想いを馳せる。複雑な生い立ちをもってそれをバッシングのネタにしている記事が多いが、それがどれだけ彼女の心の重荷になっていたかは知る由もない。中学卒業を待たずに飛び込んだ憧れの芸能界でいったい何を見たのだろう。華やかな外面とは裏腹に、実権を握る男たちの奴隷となり身も心も売り渡して引き換えに仕事をもらう先輩たちの悲しい後姿か。動画に一瞬映る愛玩人形の品評会のようなオーディション。そこで値踏みされ落札された商品の価値が高ければ高いほどにそういう辛い思いが待ち構えていたのではないか。


もし彼女が違ったところに生を受け、芸能界などとは無縁の生活を送っていたとしたら…


夜、留置場の居室で暗い宙を眺め、そんなことをぼんやり考えているのかもしれない。

来たる政権交代を機に魔窟の黒い膿が搾り出されることを期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南海トラフのクサビが外れた?

今朝の駿河湾を震源とする地震は震度の大きさの割りに被害が軽かったのが不幸中の幸いだった。死傷者、被災者の方々には心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。だが、これで終わりではない公算が高いようだ。e-PISCOの予測よりも規模が小さかったこともそうだが、8月9日の地震が引き金となって、これからこのような地震が頻発して東海大地震へと突入する可能性が指摘されているのだ。以下は「[フォトン・ベルト レポート] 第109号 2009/8/11」からの引用だ。

以下引用

 銭洲海嶺が震源地の地震が意味するもの
8月9日夜に起きた「東海道南方はるか沖」を震源地とする地震は、一部の地震を研究している人たちにとっては震撼させるものでした。
震源は地下340キロで、専門家の間では「銭洲海嶺」と呼ばれる場所でした。

 ここはフィリッピンプレートと南海トラフがせめぎ合っている場所で、南海トラフを固着させている場所としても知られています。
過去著名だった地震研究家が、「この銭洲海嶺に地震が起こった場合に、その後の南海トラフ上の3つの震源域(東海・南海・東南海)の地震を警戒
しなければならない」という趣旨の論文をすでに10年以上も前に残されています。 いよいよ700年ごとに巨大地震を繰り返し起こしてきた南海トラフに、
発震のためのスイッチが入ったと理解すべきだと、地震に詳しい知人は力説しています。

引用終わり


また、今回の地震を予知していたと言っても過言ではない東海アマチュア無線地震予知研究会の管理人さんの掲示板でも、8月9日の地震について同様の指摘があった。

以下引用

銭州海嶺の位置情報 北緯33度57分14秒東経138度49分44秒
 今回の震源地位置情報 東海道南方沖 ( 北緯33.1度、東経138.5度)
 ほぼ銭州とみて間違いない。深度が約340kmで、フィリピンプレート最期の固着域が崩壊したと見るべきだと思う。
 これは南海トラフの巨大地震が発生する最期の契機となる可能性がある。三河地震以来の長い抑圧は、銭州の固着域によって成立していたものだ。そのタガが、この地震で外れたとするなら、これから数ヶ月の間、数百回のM4~7クラスの地震が頻発し、徐々に規模を大きくし、やがて宝永以来のスーパー級南海トラフ大地震につながる可能性が強いと思う。

引用終わり


それが必然だとしても、なるべく軽微にと願うことしか出来ないが…


平成21年08月09日20時08分発表地震情報 / 気象庁

関連記事 / 大地震の予兆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対向車の車窓から

この記事をご覧になっている皆さんの多くは車の運転をされると思うが、何処を見て運転されているだろうか?

無意識に、安全に運転するのに必要なあらゆるポイントに細かく視線を移動させているんだと思う。

ところで、すれ違う対向車についてはどうだろうか?私は可能な限り一台いちだい対向車のドライバーの表情や視線、車内での行動を注視している、いや正確には注視せざるを得なかった。集団ストーカーが始まってから。それまでは対向車の動きを周辺視界で無意識に追う程度で、そのドライバーの顔や表情などに目をやることなどほとんどなかったし、大半のドライバーも同様だと思う。

休日や或いは平日の通勤時間帯などの混雑時にはほとんどのドライバーが、それを証明するかのように、対向車などに目もくれず前を見据えて運転している。ところが、これが平日の日中の空いた時間帯となると様相がガラリと変わる。そのようなドライバーは半数以下に減り、じゃあ残りのドライバーはというとこれが面白いのだ。私の顔を見た上で次の瞬間自車のナンバープレートの辺りに視線をやるドライバーが結構いる。これは信号待ちで交差点で停止して、交差道路から左折や右折で曲がってくる車を観察していると、速度差が少ない分よくわかる。人の顔に目をやるのは別にして、ナンバーまで見るだろうか、普通の一般ドライバーが。何を確認しているのか?そりゃターゲットかどうかでしょうな。あと、人の顔を見て慌てて助手席やグローブボックスの辺りの何かを探し始めるドライバー。携帯電話ですかねえ。助手席に乗客がいる場合には、ドライバーか助手席のどちらかが私を指さして相方に相槌の話しかけをした後、二人してニヤケた顔で私に向き直るというパターンも多い。見ず知らずの他人から指をさされる覚えはないんですがね。とにかく圧倒的な数の視線を浴びているのだ。

晴天下の車というのはウインドウが日光や周りの景色を反射して車内が見えづらいが、偏光グラスというメガネをご存知だろうか。偏光とは特定方向に振動する光のことで、水面やガラス面などで光が反射すると偏光が起こる。この特定方向の偏光をカットしてくれるメガネが偏光グラスだ。サングラスにもその機能を持ったものがあるが、偏光レンズとかPLレンズという記述がなければそうではない。大抵の偏光グラスは釣りなどで水面の反射をカットするためか、水平面での反射波のカットに合わせてレンズを装着してあるようだ。これが傾斜のついた乗用車のフロントウインドウには最適で、日光の直接反射がなければまるでウインドウが取り外してあるかのように素通しで見える。集スト被害者の方がお使いになると新たな発見があるかもしれない。

偏光グラスにも性能があるようで、定評のあるメーカはTALEXで様々なレンズを提供してくれている。

TALEX ほんとうのサングラスを、かけたことがありますか?

サングラス通販アイウェアプロショップAZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »